4. 球技大会

​②球技大会の目的

2016年04月22日 18時34分

 
体育祭や文化祭と比べると若干存在感の劣る球技大会ですが、
一体球技大会をすることによって生徒や学校にどのような影響を与えるのでしょうか?
その前に、球技大会の目的を考えてみましょう。
 
球技大会の本来の目的は、主に他のクラスや他の学年との交流になるのではないかと思います。
また、クラスで一丸となって他のクラスと戦うことによって、
クラスの団結力が高まりますし、その後もクラスの中が良くなるという利点があります。
さらに、他のクラスとの親睦を深めることで、お互いに交流の幅が広がります。
 
大きな学校だと、今まで一度も顔を見たことがないという生徒もいるのではないでしょうか?
球技大会を行えば、多くの生徒の顔を一度に見ることになります。
また、実際に対峙した相手の顔は基本的には忘れることはないのではないかと思います。
 
そのため球技大会が終わった後も、
「前に対戦した時に強かったクラスの人だ」などと印象を持つことができるようになりますし、
お互いに認知しあうことができればそこから新たな友情が始まります。
 
しかし生徒数が多くなればなるほど、
誰が誰だかわからなくなってしまったり混乱してしまうこともあるかと思います。
 
そんなときには、オリジナルTシャツを利用してみるとよいのではないでしょうか?
球技大会の時に、誰が見てもわかるような派手なTシャツやおしゃれなTシャツを着てみましょう。
 
そうすれば、あのTシャツはあのクラスだ、このTシャツは一つ上のあのクラスだ、というように、
どこの誰なのかという認識をしやすくなるはずです。
クラスでチームTシャツを作ることによって、より交流しやすくなるのです。
 
特に内気な生徒などは、日常的な学校生活ではクラス外の生徒と交流しにくいものです。
しかし球技大会では、お互いがお互いを意識して対戦することになります。
交流せずに球技大会を終わらせることはできないので、
嫌でも他クラスや他学年の生徒と話す機会が出てくるものなのです。
 
オリジナルのチームTシャツでお互いがクラス名を明確にして対戦相手と向き合うことで、
お互いの存在がより明確になるのです。
人と人とが知り合うきっかけ、または他人に認識してもらうきっかけは些細なものです。
髪型だったり共通の持ち物だったり、それは様々ですが、
インパクトのあるクラスTシャツも認識の材料の1つになり得ます。
 
学校の外の人間、または保護者たちから見ると、そんなに仕切りがないように感じるかもしれませんが、
実際にその学校にいる学生の視点から考えてみると、
自分のクラスと他人のクラスは全く別世界なのです。
また他の学年とまでなると、全くわからない世界なのです。
 
例えば部活動などに参加している生徒であれば、他学年や他クラスとの交流があるかもしれません。
しかし、学校によっては必ず部活に参加しなければならないというルールを設けていないでしょう。
実際に、部活動に参加せずに学校生活を送っている生徒の多くは、
他学年の学生と全く交流がないままに学生生活が終わってしまいます。
 
せっかくの学生生活ですので、同じクラスという小さな世界に閉じこもるのではなく、
他のクラスや他の学年の生徒とも交流を深めていくのが良いのではないでしょうか?
 
同じクラスで生活を共にするクラスメイトとは、
いつの間にか価値観が似てきますし性格近づいてきたりします。
しかし、全くの別世界である他のクラスや他の学年と絡むようになれば、
より学生生活が濃いものとなりますし、仲間も増えて楽しい学生生活を送れるようになります。
球技大会は、そのきっかけとして十分に生かすことができるのです。
 
もちろん、球技大会は外の世界に目を向けるためだけに存在するのではありません。
それも重要ですが、同時にクラスの団結力や連帯感を高めるのにも重要な役割を果たします。
クラスの結束力がバラバラだと、球技大会はうまくいきませんし、
もちろんその後の学生生活でも様々な面で支障が出てくるのではないかと思います。
しかし球技大会でしっかりと結束力を高めることができれば、
クラスみんなが仲良く学生生活を送ることができるようになりますし、
当然球技大会自体も全力で楽しむことができるのではないでしょうか?
 
例えば体育祭などでは、単独で参加するような種目も少なくありません。
しかし球技大会では、基本的にチーム戦が採用されることが多いです。
つまり、一人の技術が優れていたとしても、チームワークが悪ければ勝てません。
逆に言えば、一人一人の力が少なくても力を合わせれば勝つことができるということです。
球技が得意な生徒もいれば、逆に球技が嫌いだという生徒もいるでしょう。
球技に苦手意識を感じている生徒を、得意な生徒がフォローする、
またはクラス全員がその生徒のために協力することができれば、
球技大会の成績もよくなるでしょうしクラスの中もよくなります。
 
得手不得手を理解して、それを理解して動くのは難しいことかもしれませんが、
それを球技大会を通して体感することによって大切なことを学ぶことができます。
 
そんなチームの結束力を作るためにも、チームTシャツ作りは欠かせません。
球技大会本番でいきなり結束力を求めるのではなく、
チームで作るTシャツのデザイン考案の場面から
徐々に結束力を高めていくのがクラスの活動というものなのではないでしょうか?
 
 

 
 

関連ページ